体験レッスンは子どもも大人も1080円

フルスウィングのすゝめ

体験レッスンやお問い合わせは03-2840-0600までお電話を
P1540680

皆さんこんばんは!前田です。

皆さんは「フルスウィング」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

日本人の多くはフルスウィングというと、「力いっぱい振る」とか、「思いっきり振る」というイメージを持つ人が多いようです。

そのため、フルスウィングは力んでしまうからタブーであるという結論になってしまう事もしばしば。

本来、フルスウィングの「フル」は、フルコースのフルと同じで「全部」という意味が強いのです。

つまり、前菜からデザートまで全部!

スウィングならば、テイクバックからフォロースルーまで全部!ということ。

最初から最後まできちんと振り切る。これこそフルスウィングの本質です。

正しくフルスウィングをすると、効率よく力を発揮できるだけでなく、怪我もしません。

昔から野球漫画の中でも、夜な夜な素振りをするシーンがありますが、効率よく身体を捌き、フルスウィングをするための練習なのです。

実は素振りって大切なんですね。

よく駅のホームに、傘でゴルフのスウィングをゆっくりとしているサラリーマンを見かけますよね?

実はあのゆっくりと振る動作は、実は本来の素振り練習の意味を成していません。なぜなら、スウィングは腕の振りではなく、身体の捌きで行なうものですから。

だからと言って、駅のホームで傘をフルスウィングされても困りますけどね。笑

プロを見てもフォームは十人十色。身体の捌き方は人によって異なります。

ある秘密が隠されているのですが…

あまりに長くなるのでここまでにします。(私のレッスンに来て頂いたことのある方は「あっ」と思われた方もいらっしゃるでしょうか。)

今日はフルスウィングの大切さについてだけ語っておきますね!

ネオには熱心な方が大勢いらっしゃるので、たまにはこんなネタも良いかな??

関連記事

最新タイムテーブル&カレンダー

レッスンスケジュール

2017.10.1

最新レッスンカレンダー

最新のスクールカレンダーとコーチ担当表につきましては各PDFファイルをご覧下さい。 現在のスクールカレンダー コーチ担当表 何…

ページ上部へ戻る